M&Aに関する用語をまとめました
    IPO(あいぴーおー)

    IPOとは「Initial Public Offering」の頭文字であり、日本語では「株式公開」と訳されます。数年前の株式公開バブルのときには年間100社以上の新規公開企業が誕生していましたが、昨今の不景気と新興市場での会計不祥事により、IPOのハードルがますます高くなり、最近では新規上場会社数は激減しています。
    その結果、オーナーの出口戦略として、IPOではなく、M&Aにより大手企業の傘下に入ることで、創業者利潤を確保でき、また、売却後も経営陣にとどまることで、買い手の豊富な資金力により、それまで以上の経営手腕を発揮している経営者も増えてきました。

WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

お問い合わせ内容