M&Aに関する用語をまとめました
    DCF法(でぃーしーえふほう)

    DCF法は会社の将来性を重視したバリュエーションの方法です。
    DCFはDiscounted Cash Flowの頭文字であり、将来、会社や事業が生み出すキャッシュ・フローの合計額を会社や事業の価値とする算定方法であり、インカムアプローチの代表例です。
    この方法は、将来計画に基づき価値を算定しますので、特に会社の将来性を重視した算定方法といえます。理論的にはとても優れていて、米国では最も一般的な方法といわれています。
    しかしながら、将来計画には大きな不確実性があるため、客観性という面では欠点があります。
    なお、「Discounted」とは「割り引かれた」という意味であり、単に将来のキャッシュ・フローを合計するのではなく、現在の価値に直した合計となります。

WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

お問い合わせ内容