M&Aに関する用語をまとめました
    類似会社法(るいじかいしゃほう)

    類似会社法は対象会社と事業内容や財務内容が類似した上場会社が存在する場合、その上場会社の指標と株価を用いて、対象会社の価値を算定する方法であり、マーケットアプローチの代表例です。
    類似の上場企業がある場合には、株式市場という客観的な株価を参考にできるため、ふさわしい方法です。
    この方法は、株式市場の株価を参考にできるため、客観性には優れていますが、事業内容や財務内容が類似する上場企業の選定が困難であったり、対象会社固有の性質を反映できない点が欠点です。
    なお、指標には、上場類似会社のEBITDA(利息・税金・償却費控除前利益)やPER(株価収益率)等が多く用いられます。

WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容