M&Aに関する用語をまとめました
    事業計画(じぎょうけいかく)

    M&Aの買い手にとって、対象会社の将来性は最も重要な要素です。買い手にとっては、将来収益をもたらすかが1番の関心事だからです。売り手にとっても自身の事業や会社をしっかり評価してもらうための重要な書類になります。そのため、事業計画は損益計画、またはキャッシュ・フロー計画が最低限必要です。

    買収にあたり買い手側は、売り手側から提出された事業計画について、ヒアリング等を行い、綿密に調査・検討します。

    提出された計画の信憑性が低く、将来収益をもたらさないと判断すれば、M&Aは中止になったり、また買収金額が低くなったりします。そのため、感覚ベースの目標値としての計画ではなく、過去の実績をもとに細部に渡り合理的で実現可能性の高い事実に基づき、積み上げ形式で作成することが求められます。売り手側には精密な数値を作成し、納得させるスキルが求められます。

WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

お問い合わせ内容