2018年12月2日 日曜日

美容室・ヘアサロンのM&Aを実施する前に考えておきたいこと

Written by 太田 諭哉(おおた つぐや)

美容室というところは、女性にとっては、本当にリラックスできる場所です。

髪、メイクやネイルをきれいにしてもらいながら、楽しいおしゃべりもできる癒しスポットと言えます。

美容室通いが趣味という方も少なくありません。

今では、男性も美容男子と言われる方も出てきて、同じように美容室を楽しんでいます。

 

お客様から愛される大切なお店、そこに通う素晴らしいお客様を次世代に引き継ぎたい。

だけど、この店継いでくる人いるのかな?

これからこの店の経営どうしたらいいんだろう?

そんなお悩みを抱えている経営者は本当に多いのです。

 

美容室経営にとってのあらゆる悩みが解決できる方法、それがM&Aです。

M&Aってよく聞くけど、実際にどういうものなの?

といった疑問にお答えするべく、「美容室経営者にとってのM&A」を深堀していきます!

 

美容室・ヘアサロンのM&A

M&Aとは、M&A(エムアンドエー)とは『Mergers(合併)and Acquisitions(買収)』の略で、Mergers(合併)は複数の企業が一つになることで、Acquisitionsは、他の企業を買収することを意味します。

しかし、海外では、この合併と買収の区別はしておらずに、「組織を取得する活動」の総称とされているのです。

 

M&Aの組織を取得するという考え方は、現代の美容業界にピッタリのビジネスモデルになりつつあります。

美容室がM&Aを行う理由や、そのタイミングなどを徹底的にご紹介していきたいと思います。

 

美容室・ヘアサロンのM&Aを行う理由は?

美容室を売却したい、または買い取りたいという理由は様々です。

具体的にどんな理由があるか見ていきましょう。

 

後継者の不在

自分の店を子供に引き継いでほしいけど・・・・・・。

自分の子供には自由な人生を歩んでほしいし、また、まったく違う業界にすでに就職してしまっている場合もあるでしょう。

お店を閉めることは致し方ないけど、こんな個人のお店が売れるのか?

不安を抱えている方もいらっしゃるでしょう。

後継者のこと、今後のお店のことで頭がいっぱいになっている方も多いのではないでしょうか。

 

この後継者不在問題にも「M&A」に解決策があります。

あなたの大切な店をそのまま親族外の第三者ではありますが、きっちり責任をもって経営を続けてくれる人を「M&A」で見つけることができるのです。

 

事業拡大、店舗拡大

今は1店舗しかないけど、これからもっと店を増やしたい。

ヘア部門だけでなく、ネイルやエステなどの部門も取り入れてお店を充実させたい、だけど、お金がかかるし、踏み切れないと思っている方。

この「M&A」は、企業全体を売却する法歩もありますが、一部の経営部門を売却することも買収することもできるのです。

ネイル部門充実させたいなと思っている美容室経営者とネイル部門だけを売却したいと思っている経営者との間を橋渡しするのが、「M&Aエージェント」の仕事です。

専門的な分野において、経営者のニーズに応えることができます。

買い手側は、設備とマンパワーを一度に手に入れることができますから、初期費用をグンと抑えて、新しい事業を手に入れることができるのです。

 

現金の獲得

個人経営の方に退職金という制度はありませんよね。

自分で貯蓄する、投資するなどして資産を形成する必要があります。

しかし、このM&Aを使って店舗を売却すると、その売却代金が現金で入ってくるのです。

 

通常、お店を廃業しようと思ったら、店舗、美容機材など不動産会社や、買い取り業者に引き取ってもらうことになりますが、大体の店舗って賃貸です。

長く経営されている方だと、自宅経営されている方もいらっしゃるかもしれませんが、

今、自宅経営の方は本当に少なくなってきています。

ですから、売却できるのは、美容機材、店の調度品となります。

せっかく高額を払って導入したものの、専門の買い取り業者なら二束三文かもしれません。

 

そんな悩みをM&Aなら解決してくれるのです。

店舗、機材、従業員などそのまま買い手へと譲渡できるので、廃業にかかる経費が掛からずに、現金が手に入るというわけです。

 

経営の建て直し

美容業界は、常に進化しています。

新しい薬剤、最新のカット技術と目まぐるしく情報があふれていて、またお客様も流行や美容情報に敏感な方が増えています。

新しい機材、薬剤を取り入れたいけど、本当にお客が来るのか、採算が合うのか?

技術を取り入れたいけど、不安もあるのではないでしょうか

 

また、常に新しい技術を取り入れて、お客も来てはくれるけど、昨今の深刻な人材不足は

美容業界にも迫ってきています。

人手不足でお客をさばききれなくて、経営難になっているお店もあります。

このような、美容業界にありがちな心配事にもこのM&Aに解決の糸口があります。

 

美容室・ヘアサロンのM&Aを行うタイミングは?

美容室の売却にとって、「タイミング」はとても大切です。

 

限界が訪れる前に

中小企業庁が発表している中小企業白書によると、親の会社を継ぎたくないというご子息は、全体の6割以上にのぼるという調査結果が過去にありました。

個人経営者となるともっと多いのではないでしょうか。

せっかく、育てた店だし、子供が継いでくれるのは当たり前と思っていたら、後継者がいないとあわてて廃業して、ほとんど収入もなく大切な店を手放すことになってしまった。

 

また、経営難に陥って、もうどうすることもできずに、店を手放して、借金だけが残ったということにもなりかねません。

このような限界が訪れる前に、「自分の店の価値」について冷静に、公正に調査して、検討する必要があります。

 

準備はお早めに

この項目は、お店をM&Aをする上でとても重要です。

 

サラリーマンの場合、定年というのは、65歳です。

今は、社内の就業規定で、70歳としているところや、定年の年齢を定めていない会社もありあすが、健康上問題などで、大体60歳後半で退職する方が多いです。

しかし、美容室経営者の場合、60代後半に店じまいをするというのは、少し遅すぎると思います。

現代でも、80歳、90歳になってもお店を経営されている方はたくさんいます。

ただ、女性に多いです。

平均寿命の関係もあると思います。

美容師の仕事というのは、本当にハードワークですから、健康上の問題が出てきやすいのです。

体が続くのであれば、年齢制限なく働けますが、寿命の前日まで店に立つという人は本当に一握りではないでしょうか。

 

【遅くとも50代でM&Aをする方針を決めておきたい】

できれば、50代には、決めておいた方が良いでしょう。

なぜなら、店を売りたいと思ったときに、すぐに売れるということはないからです。

買い手側の立場になると、やはり安い買い物ではありませんから、買収にはかなり慎重になります。

一番心配なのは、本当に「儲かるのか」「スタッフが定着してくれるか」です。

 

この店の引継ぎはかなりナーバスな問題です。

なぜなら、M&Aは、設備だけでなく「ヒト」も一緒に買収するからです。

引継ぎ問題が大きくクローズアップされます。

売り手側の経営者が、設備の使用方法や、スタッフとの接し方、顧客について引継ぎする必要がありますが、これにはかなりの期間が必要です。

ですから、売り手側の経営者は、スタッフの中のリーダー格に、店のすべてのことを引き継いでおいて、新しい経営者に変わってもスタッフがすぐに本来の業務できるよう教育しておく必要があるのです。

これらの準備は、数年かかります。

スタッフの教育に力を入れておくと、売却するときの判断基準において、かなり高いポイントなります。

準備は、早く始めれば、始めるほど、あなたのお店は高く売れるというわけです。

 

事業価値の高いタイミングで

お店の売り時というのは、その時の経済状態が大きく影響します。

要するに、「世間が景気の良いとき」が売り時になります。

これは、不動産投資にも、株式投資にも言えることなのですが、

不動産や、株式は、土地の路線価、株価が高いときが売り時ですよね。

オリンピックが近い現在は、景気が良い時期と言えます。

景気が良いと、いろんなところへ出かけることも多くなりますから、おしゃれをしたいと、

ヘアスタイルにお金をかけることもできるのです。

 

高い金額でお店を売却するために、スタッフの教育、設備の見直しなど、お店を磨くこともたいせつですが、それとともに、世間の経済状態もいつも目を光らせることが必要です。

不動産投資、株式投資をしようと思えば、経済新聞や、経済誌を購読する必要がありますよね。

あれと同じくらい経済状態に敏感になっていただきたいのです。

 

美容室・ヘアサロンのM&Aを実施するのは誰か?

【美容室というのは、結構狭い業界です。】

同じ美容学校を卒業した人同士、同じ店で見習いをしていた人同士と、美容師同士の付き合いって、意外に限られていて、狭いのではないでしょうか。

自分で店を開業するようになったら、店のスタッフとお客様くらいしか出会いがなくなってしまいますよね。

 

そして、自分の店を売るなら、やっぱり同じ業界の美容師に売るものと思い込んでいませんか?

「それだと、自分で探すしかないよな・・・・・・」と考えこんでしまっていないでしょうか。

自分で探すとなると、本当に買い手が限定されてしまいます。

たくさんの人にあなたの店を知ってもらって、公正に判断して売却する方法があります。

 

【M&Aエージェントに頼ってみる方法】

美容室専門のM&Aエージェントが現代社会では存在します。

美容業界に精通したスタッフがあなたの店を適正価格で査定して、買い手を探してくれるのです。

自分で、知り合いばかり頼る方法より、たくさんの買い手希望者と出会える確率が上がります。

 

美容室・ヘアサロンのM&Aの相談先は?

ここでは、どんなM&Aエージェントを選べばいいのか、具体的なポイントをご説明していきます。

 

美容室・ヘアサロン業界に詳しいこと

これは外せないポイントです。

美容師の仕事内容、最新の美容メニューなどは、少なくとも理解しているエージェントでないといけません。

そのあたりのことをいちいち説明しないといけないようでは、M&Aをすることに時間がかかりすぎて、あなたの本来のお店経営がおろそかになってしまい、本末転倒になってしまいかねません。

ちゃんと、仕事時間や、仕事の内容など、また美容室の在り方などはちゃんと理解していて、美容室M&Aを実際に経験している実績のあるエージェントを選ぶことが必要です。

 

事業価値の最大化ができること

先程の美容業界に詳しいことの項目と、少しかぶるところがありますが、

最新の美容メニューを店に導入する場合、研修できているスタッフが何名いるか、またそのメニューを導入したことにより、どれくらい客足が伸びているかなどを、適格に判断してもらう必要があります。

高度な技術がいるメニューを複数のスタッフが習得している場合、その美容室の価値は上がります。

勉強熱心なオーナーであり、その熱意にスタッフも同調していることは店の資産価値を上げるのです。

それを理解してくれるエージェントを選択しなければなりません。

 

成果報酬型がおすすめ

まず、相談や査定は無料で対応してくれるかどうかを確認しましょう。

売却できた代金から報酬を支払う形のエージェントを選んだ方が安心です。

売り手側、買い手側も匿名で対応してくれるエージェントもあります。

売ろうかなと思っていても、やっぱり気持ちが変わって、もう少しお店を続けてみたくなることもあり得ます。

そんなときも匿名で、相談は無料にしておいてもらうと、助かりますよね。

 

まとめ

【お店の価値を自己判断するのは危険です】

自分の店を客観的に判断するのは難しいものです。

悩んだら、一度専門の専門家に相談してみてください。

豊富な経験から、あなたのお悩みに寄り添って対応してくれます。

 

【M&Aに対して知識と経験を持つエージェントは頼れます】

自分の事業を売却した経験をある人って本当に少ないと思います。

売却側は、未経験だけど、買い手側は経験が豊富というケースはとても多いのです。

この場合は、かならず間に「経験豊富な、業界事情に詳しい専門家」に入ってもらう必要があります。

あなたの事業をしっかり査定してもらって、納得のいくM&Aを行ってください。

美容室・ヘアサロンのM&Aを実施する前に考えておきたいこと
美容室というところは、女性にとっては、本当にリラックスできる場所です。
髪、メイクやネイルをきれいにしてもらいながら、楽しいおしゃべりもできる癒しスポットと言えます。
美容室通いが趣味という方も少なくありません。
今では、男性も美容男子と言われる方も出てきて、同じように美容室を楽しんでいます。
お客様から愛される大切なお店、そこに通う素晴らしいお客様を次世代に引き継ぎたい。
だけど、この店継いでくる人いるのかな?
これからこの店の経営どうしたらいいんだろう?
そんなお悩みを抱えている経営者は本当に多いのです。
美容室経営にとってのあらゆる悩みが解決できる方法、それがM&Aです。
M&Aってよく聞くけど、実際にどういうものなの?
といった疑問にお答えするべく、「美容室経営者にとってのM&A」を深堀していきます。
Writer
太田 諭哉(おおた つぐや)
1975年、埼玉県生まれ。1998年に早稲田大学理工学部を卒業し、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)に入行。2001年に公認会計士2次試験に合格し、監査法人トーマツに入社。おもに株式公開支援、証券取引法監査、商法監査の経験を経て、2003年に有限会社スパイラル・エデュケーション(現・株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)を設立し代表取締役社長に就任。
「未来を創造し続ける会計事務所」のリーダーとしてベンチャー企業・成長企業の支援を積極的に行っている。
2018年12月2日
美容室・ヘアサロンの事業承継でお困りではないですか?
2018年12月2日
美容室・ヘアサロンの事業譲渡を検討する際のチェック項目
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容