2018年12月2日 日曜日

美容室・ヘアサロンの事業譲渡を検討する際のチェック項目

Written by 太田 諭哉(おおた つぐや)

長い間、美容室経営をしてきたけれど、そろそろリタイアしたいなと考えている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

美容室を経営していると、なかなか長期の休暇を取るのは難しかったりしますよね。

できれば健康状態が良好なうちに、世代交代して、趣味に力を入れたい。

または、ずっと休みなしで店舗経営をしてきたから、今まで行ったことのない国へ旅行してみたい。

そんなことを考えたときに、頭に浮かんでくるのが、「この店、この先どうしていこうか?」ということです。

 

今回は、美容室の「事業譲渡」について考えていきたいと思います。

 

 美容室・ヘアサロンの事業譲渡を検討してみては?

同じ美容師をやっている方に譲ることが今までは主流で、個人間での取引を行っていたのですが、個人店と言っても、役所、金融機関への届け出など事務作業が煩雑で、トラブルも起こる可能があります。

そんな時、M&Aエージェントを使って、「事業譲渡」を行うことを検討する方が増えているのです。

 

【事業譲渡とは?】

会社の事業を、第三者に譲渡(売却)することです。

譲渡対象は、マンパワー(人:従業員)、モノ(設備、建物、工場)を含みます。

この事業譲渡は商法では、契約になり、固定資産(不動産など)、流動資産、特許など一つ一つの財産を移転(所有権移転)する必要があります。

登記する必要がある場合も出てきますから、少し手続きが面倒という点が挙げられます。

しかし、事業の全部を譲渡することも、一部を譲渡することも選択できます。

その性質上、債務を切り離して譲渡するなど範囲を定めて契約できます。

この全部譲渡してもいい、一部譲渡でも良いという点は、経営者にとってはメリットです。

企業の規模が大きくなるほど、資産の種類や取得している特許の数も膨大になりますし、何しろ従業員数も多くなります。企業規模が大きいほど手続きが煩雑になるため、事業譲渡は、個人経営者には比較的簡単にできる手続きと言えるのです。

美容室経営者の場合、1号店は残したいけど、2号店は売却しようと考えた場合、一部を譲渡できますから、個人事業主だとオーナーの一存でスピーディーに売却することができます。

 

 美容室・ヘアサロンを事業譲渡するメリット

事業譲渡には様々なメリットがあります。

主なメリットをご紹介していきます。

 

事業規模や店舗を拡大することもできる

先程も少し触れましたが、一部譲渡ができることから、一部店舗だけを売却することもできるし、買い取ることもできます。

この特徴をうまく活かして事業の拡大のために事業譲渡を用いる企業もいます。

また、美容室にカフェを併設したいと考えたときに、カフェ事業を譲渡する企業が見つかれば、そのまま店舗と経営ノウハウ、スタッフを手に入れることができるのです。

 

次世代に引継ぎ、現役引退が可能

「継続するか、廃業しかない」と自分を追い詰める必要もなく、事業を譲渡することでリタイアできます。

この事業譲渡というシステムは、経営者をお店に縛ることなく自由にしてくれるのです。

また、お店のノウハウやお客様を第三者が引き継いでくれます。

あなたは、事業からは引退しますが、お店は生き続けて営業をしていくのです。

廃業してしまうと、せっかく作った店はなくなってしまいますが、事業を譲渡することで自分が作った店が、次の世代、また次の世代へと引き継がれていきます。

 

現金を得られる場合もある

その時の経営状況によっては、事業を譲渡した後、売却代金が入ることもあります。

もし赤字経営だったとしても、事業内容が魅力的で、購入希望者が複数いた場合などは、高額で売却できて、十分プラスで収入があるのです。

廃業して、手数料を支払ったり、借入金を繰り越し返済しなくてはならなくなったりして、収支はマイナスとなり現金が残るということはありません。

 

 美容室・ヘアサロンを事業譲渡する際のチェック項目

メリットが十分受けられる「事業譲渡」を行うために、事前に検討しておくチェック項目について、ご説明していきます。

大切に育てたお店です。

長く営業してもらうためにもこの項目は特に重要です。

 

何のために事業譲渡するのか

どうして、事業譲渡することになったのかを今一度検討してほしいのです。

 

たとえば、

  • 健康上や年齢的に体力の限界を感じる前に、引退について考えたい
  • 今のままでは、経営が難しくなる(来客の減少、ライバル店の出現など)
  • ずっとまとまった休みもなしに頑張ってきた、自分の時間を持ちたい

など、どうして店を続けられないのかをじっくり考えて、結論出していただきたいのです。

 

この確認をしっかり行わないと、あとで「あの時売るんじゃなかった」という後悔が出てきます。

または、もっと早く何とかしておけばよかったということにもなりかねません。

体を壊した、もう、借金が膨らんでどうにもならい、疲れ切ってしまったとなる前に、次のステップについて考える必要があります。

何しろ、美容院というのは、お客様が来られる場所です。

そしてスタッフも働いています。

経営権は経営者のものとは言えど、その空間は「経営者一人のものではない」ということを今一度再認識していただければ、自ずと答えは出てくるのではないでしょうか。

 

譲渡先は適切な相手か

大切な自分の店ですから、譲渡先が本当に店を引き続き大切に育ててくれるか気になります。

同じ美容師業をされている方なら、今現在どんなお店を経営しているかを見ればすぐにわかりますが、他業種の方が美容室を経営したいと譲渡希望されることもあります。

これは人を見る目を養うしかない、人生論みたいになってきますが、意外に簡単なことです。

 

美容室というのは、究極な接客業です。

そして美容師は、技術職と営業職を足したものです。

言うなれば、技術系セールスマンになりますよね。

私たちがサービスを受けるとき、どのセールスマンから商品を買うかと迷ったとき、皆さんは、どこを見て決めますか?

買いたい商品とともに、その人から伝わる「一生懸命さ」ではないでしょうか。

この人、すごく頑張っているな、ここまでしてくれるんだという熱意を受け取ったとき、

「この人に決めよう」と思いませんか?

このほかには、

  • 自社の経営状態が良好な経営者
  • 自社のスタッフを大切にしている経営者
  • 新しいスタッフのこと、お客様のことをしっかり理解できる経営者

などが挙げられます。

 

初めて店を持ちたいと思ったときの気持ちを思い出してみてください。

同じ熱意を感じる経営者なら、同業者でも他業種の経営者でもあなたの店を大切に育てることができるのではないでしょうか。

M&Aによる事業譲渡の場合、売り手側も買い手側を、十分に吟味する必要があります。

買ってもらう側だと卑屈になることはありません。

じっくり買い手を見極めることがとても重要です。

 

事業価値を適切に評価できているか

経営状態が今一つ良くないし、だれも継いでくれる人もいないし、と自分の店を過少評価していませんか。

それは良くない傾向です。

先程もお話しましたが、買い手に対して卑屈になることはありません。

もっと、自分の店を正確に理解しましょう。

 

【自分の店を適切に評価するための準備】

  • 自分の店の長所、短所を書きだす
  • スタッフの人事考課を詳しく作成する
  • 顧客リストを充実させる
  • 既存の設備・材料の棚卸をする
  • 店のホームページはマメに更新しておく

 

これらは、日ごろから気を付けて行っておられると思いますが、今一度確認してください。

店の価値を上げる作業になります。

まず、譲渡に関して、何を譲渡するかというと、「店(看板)」「設備」「スタッフ」「顧客」です。

在籍しているスタッフをランク分けして、「トップスタイリスト・ミドルスタイリスト・ジュニアスタイリスト」と今、お客様に、カットやパーマなどの施術が行えるスタッフを少なくとも3ランクくらいに分けて、なるべくトップ2ランクのスタイリストを多めに育てておくことです。

そして、それぞれのスタイリストにどれくらいの顧客がついているかも徹底的に確認をしてください。

 

顧客についても来店頻度、使用金額、職業などわかる範囲で顧客リストを作成する必要があります。

  • 月にどのくらいの頻度で来るか
  • 連絡先、職業(来店曜日、時間、ライフスタイルの把握)
  • 1回あたりに使う金額

予約ノートをつけているお店も多いと思いますから、比較的簡単に顧客リストは作成できると思います。

もうすでに顧客リストを作成しているお店もあるでしょうが、すでにリストを作成しているお店でも、もう一度内容を再調査して、充実させてほしいのです。

 

また、接客時での会話の中で、プライベートな話、興味のあること、仕事の話も出ると思いますので、それらもリスト作成に役立つのではないでしょうか。

その美容室についている客層というのはかなりの資産価値です。

来客数が少なかったとしても、一人一人に丁寧に施術をして、難易度の高いメニューを行っていたら、1度に使う金額も高くなってきます。

トータルすれば、1日の売上金額は高くなってきます。

このスタッフ人事考課と顧客リストは、お店価値判断において重要なデータになりますから、正確に作成しておくことをお勧めします。

 

事業譲渡のタイミングに問題はないか

自分の店の事業価値を確認して、さあ売却しようと思っても、タイミングによって売却金額が増減します。

この事業譲渡も投資的な要素がありますので、タイミングが大切なのです。

 

【世間の景気で売り時が決まる】

ご記憶にある方も多いと思いますが、リーマンショックという世界的金融危機がありました。

どれだけ値段が安くても、不景気時に会社を買い取ろうという人はなかなかいませんよね。

好景気のときほど、事業は高く売れます。

好景気は長くは続きませんので、売り時を見極めるにはスピーディーさが必要です。

 

【経営者の意欲が低下すると売却金額も下がる】

年齢や体調、気持ちの変化などで、少し経営に対するモチベーションが下がってくることってあります。

ロボットではありませんから、いつも同じ調子というわけにはいきません。

しかし、その気持ちの変化、体調の変化は、ストレートに経営状態に影響してしまいます。

やはり、経営状態が良いお店は、オーナーの意欲、モチベーションが高いのです。

 

やる気で、ノリノリの気分の時に、「店を売ろうかな」と思ったりはしないだろうと思うかもしれませんが、いざ、売るとなったときに、すぐ売却できるわけではないし、いずれ手放すなら、調子が上向きの時がおすすめなのです。

 

【施術メニューに「旬」を感じられるか】

美容メニューの流行は目まぐるしく変わります。

今は、パーマ一つとっても、いろんな施術方法がありますよね。

特に縮毛矯正などは、多種類の薬剤が開発されていて、店ごとに独自のメニューを提供しているのではないでしょうか。

どれだけ新しいメニューを取り入れていて、そしてそれが今、世間の話題とマッチしているかどうかがこの売却のタイミングにも関係してくるのです。

 

美容業界に詳しいM&Aエージェントに依頼することで、スムーズにお店売却が進むことになりますが、施術内容などにも詳しいスタッフが在籍していますので、このお店は、常に流行に敏感かどうかも分かってしまいます。

日ごろから、新しい薬剤、メニューが発表されることにアンテナを張っておくことが必要です。

 

 まとめ

事業譲渡に関する、メリット、事前チェック、譲渡先の選考、譲渡のタイミングについてお話してきました。

このことを踏まえて、M&Aをやるうえでつい失敗してしまう点が3つあります。

これは知らず知らずのうちにやってしまうポイントです。

  1. 自分の店を過少評価してしまうこと
  2. 買い手に対して卑屈になってしまう
  3. 買い手に対して強気になりすぎるのも問題

2と3は、相反する感じですが、卑屈になりすぎるのも良くないのですが、あまりにも強気の態度も良くありません。

自分の技術、店の経営内容に自信があるあまり、少し高飛車な態度に出たり、自信過剰になるのもよくないのです。

大切なお店です。

気持ちよく引継ぎ、経営を続けてもらうためにも、謙虚な気持ちを忘れずにM&Aを成功させてください。

美容室・ヘアサロンの事業譲渡を検討する際のチェック項目
長い間、美容室経営をしてきたけれど、そろそろリタイアしたいなと考えている経営者の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
美容室を経営していると、なかなか長期の休暇を取るのは難しかったりしますよね。
できれば健康状態が良好なうちに、世代交代して、趣味に力を入れたい。
または、ずっと休みなしで店舗経営をしてきたから、今まで行ったことのない国へ旅行してみたい。
そんなことを考えたときに、頭に浮かんでくるのが、「この店、この先どうしていこうか?」ということです。
今回は、美容室の「事業譲渡」について考えていきたいと思います。
Writer
太田 諭哉(おおた つぐや)
1975年、埼玉県生まれ。1998年に早稲田大学理工学部を卒業し、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)に入行。2001年に公認会計士2次試験に合格し、監査法人トーマツに入社。おもに株式公開支援、証券取引法監査、商法監査の経験を経て、2003年に有限会社スパイラル・エデュケーション(現・株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)を設立し代表取締役社長に就任。
「未来を創造し続ける会計事務所」のリーダーとしてベンチャー企業・成長企業の支援を積極的に行っている。
2018年12月2日
美容室・ヘアサロンのM&Aを実施する前に考えておきたいこと
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容