2018年12月2日 日曜日

美容室・ヘアサロンの事業承継でお困りではないですか?

Written by 太田 諭哉(おおた つぐや)

美容師になるには、若いころから専門学校に通って、そして長い期間、修業(見習い)をする必要があります。

一人前の美容師になるのに苦労した方は多いのではないでしょうか。

また、技術を持てばすぐに店を持てるわけでもなく、長い下積みを経てご自分の店を持ったオーナー美容師さんもいらっしゃるでしょう。

そうやって苦労して独立、そして長年にわたり経営してきた店・・・・・・。

 

子供に継いでもらえるのは当たり前のことと思っていたけど、実際に子供が成人してくると、子供に同じ苦労をさせたくない・・・・・・。

という親心も出てきて、悩んでいる経営者もいらっしゃいますよね。

最近の美容室経営者のお子さんは、全く違う道に進む方がとても多いです。

 

大切な店を次世代に渡したいけど、どうすればいいのか?

そのお悩みに応えるべく、美容室、ヘアサロンの事業承継についてお話していきます。

 

 美容室・ヘアサロンを事業承継しよう

【事業承継(じぎょうしょうけい)とは?】

簡単に説明すると、「会社の事業を、会社の経営を後継者に引き継ぐこと」です。

従来からは、親族、または従業員に引き継ぐことが多いのです。

 

ずっと親の仕事を見てきた子供や、長年働いてくれた従業員に店を引き渡すことは、自分のやってきたことの集大成ともいえます。

自分も親から継いでいるし、子供もきっと継いでくれるに違いないと思っているオーナーさんも多いのではないでしょうか。

または、きっと従業員もこの店をのれん分け、またはこの店を引き継いで行くことを希望しているだろうと思っているオーナーさんもいらっしゃると思います。

 

以前の美容室なら、子供や従業員が引き継ぐことが「普通」のことだったのですが、現代社会は、この「普通」が通用しなくなってきています。

 

後継者がいない、そんなときは

【後継者は親族、従業員とは限らない】

今までは、子供や従業員にオーナーチェンジしていくのが「普通」だったのです。

しかし、昨今の少子化や、子供には同じ苦労をさせたくない、または、従業員が長く在籍しないこともあり、従業員へ事業承継することも困難になってきました。

これは日本全体の問題なのですが、少子化問題がますます深刻化していることと終身雇用制度というのがなくなったことが考えられます。

一度就職した「店」に一生骨をうずめるという考えの従業員は少なくなりました。

 

お店のオーナーというのは、店舗の整備、お客様との対応、スタッフの教育、採用、経理面、銀行との交渉などすべてのことをこなす必要があります。

それを見ている従業員は、「雇われているほうが気楽だな」と思ってしまうのも仕方ないし、いろんな店を渡り歩く美容師さんも少なからず存在します。

いろんな店で、いろんなやり方を勉強したいと思っているのです。

ある程度技術がついてきた美容師さんに多い傾向です。

 

それに従業員へ引き渡す場合、どこまでを事業を承継するかが、問題になってきます。

経営権をすべて渡すことに抵抗があるオーナーもいるので、雇われ店長という感じになってきます。

それなら、自分で店を持った方が自由に経営できると独立してしまう従業員もいるでしょう。

 

【現代社会にM&Aでの事業承継はマッチしている】

そんな現代の風潮から、事業承継を親族、従業員ではなく、第三者へと引きつぐケースが多くなってきているのです。

M&Aでの事業承継は現代の状況にマッチしているのです。

後継者がいないと頭を抱える前に、M&Aによる事業承継を検討してもらいたいのです。

次からは、M&Aによる事業承継を選ぶメリットについてお話していきましょう。

 

M&Aによる事業承継を選ぶメリット

最近、話題の事業承継をM&Aに託すことについてそのメリットをご紹介していきます。

 

引き継げる子どもや従業員がいなくてもいい

親族外の第三者へ事業を引き渡すことで、子供がいない、該当する従業員がいないと悩む必要がなくなります。

前述していますが、少子化や従業員の定着率の問題は深刻化しています。

そんな時こそ、このM&Aによる事業承継がおすすめなのです。

美容業界について詳しい知識があるスタッフが在籍するM&Aエージェントは存在します。

美容室、ヘアサロンこそ、このM&Aによる事業承継がぴったりな業種なのです。

 

あなたの店の施術メニューなどを分析して、また経営状態も公正に調査して、買い手をリサーチしてくれます。

美容業界に明るい人間でないと、このような細かい分析をするのは難しいです。

また、美容室・ヘアサロンの紹介は匿名でも行えますから、プライバシーは守れて買い手を探すことができます。

あなたの美容室・ヘアサロンに魅力を感じて、買い取りたいという熱意のある買い手を探してくれます。

今まで、手塩にかけて育ててきた店、従業員、そして店に来てくれるお客様を安心して、引き渡すことができるのです。

 

創業者利益として現金を得ることもある

廃業を選んだ場合、店を閉めることにたいして、あらゆる雑務が必要です。

従業員への退職金、次の職場のあっせん、設備などの売却、または廃棄処分、役所への変更、廃業の届け出、銀行からの借入金の繰り越し返済など。

廃業をするということは、かなりの疲弊はある一方、利益は少ないという現象が起こります。

廃業を選べば、支出することしかありません。

 

しかし、第三者へM&Aで事業承継を行った場合は、店の経営権を売却することにより、廃業の手続きが必要なくなり、売却代金という現金が入ってくるのです。

これは売り手側にとっては素晴らしいメリットではないでしょうか。

大切にしてきた店が、見合った金額で売れることは、長年頑張ってきた自分への退職金にもなります。

 

承継先の資本を入れることで事業拡大の可能性がある

これもM&Aを行う上で、「買い手側」「売り手側」の両方にメリットがあります。

 

【買い手側のメリットとして】

新しい事業を始めるには、元手がかなりかかります。

しかし、M&Aで店ごと買い取ることで、既存の店舗とスタッフとを一緒に手に入ります。

新規事業参入への出費が抑えられるので、一から店舗を探して、美容機材をそろえてといった莫大な初期費用をかなり抑えて、開業することができます。

設備と人が同時に手に入りますから、新しくそろえる必要もありませんし、社員を採用、教育する時間も短縮できて、すぐビジネスとして成り立ち、収入が生まれます。

また、いままで導入していなかった新しい施術も取り入れることができ、スタッフも一緒に手に入りますから、従来の店にいたスタッフにとっても刺激になり良いキャリアアップにもつながります。

また、経費を抑えて、二号店、三号店と新しい営業店を増やすことで、事業拡大へもつながっていきます。

 

【売り手側のメリットとして】

M&Aによる事業承継での意欲ある事業者と協業できます。

このため、従業員の雇用も安定できるし、経営状態も良くなります。

大体はリピーターがついている店が多いので、スタイリストが変わらなければ通ってくれます。

売り手側は、一部を手放すことで、経費を抑えて、売却代金が入ってくるので、それをまた新しい事業の投資へ使うこともできるのです。

売り手側、買い手側と両者がウィンウィンの関係になれるわけです。

 

承継後、グループ会社の一社員として残れる場合もある

これも売り手側、買い手側の両方へのメリットです。

買い手側は、魅力と経済的価値を感じて、お店を買い取ります。

しかし、営業を始めてみると、いろんな不安が出てきます。

業界に精通しているベテラン美容師でも、新しい店のやり方を吸収するのには、時間がかかります。

そんな時に、元のオーナーからの引き継ぎを丁寧に受けることは何よりの資産になります。

美容設備の使い方、スタッフの特徴や指導方法、顧客との接し方など教えておいてもらうと助かります。

 

また、売り手側の元オーナーは、経営しなければならない重圧から解放されて、また働き慣れた店で仕事を続けることができます。

美容室・ヘアサロンのオーナーはもともと自身が美容師・ヘアスタイリストであったケースが多いでしょう。

そして経営よりも美容師としての仕事の方が好きというケースもあります。

今度は、お給料ももらって、自分がしてきたことをやるだけでいいのです。

これは、売り手、買い手双方の大きなメリットではないでしょうか。

 

美容室・ヘアサロンの事業承継のポイント

美容室・ヘアサロンの事業承継をスムーズに行い、成功させるポイントはたった3つです。

 

承継後、美容室・ヘアサロンをどのようにしたいのか

ビジネスモデルは明確にしておく必要があります。

自分の店のセールスポイントは何か?

要するに、お店の長所・短所を明確にしなければなりません。

美容院によっては、いろんな「売り」があると思います。

縮毛矯正が得意な店、ヘッドスパにおいて、ゴッドハンドを持っているスタッフがいるなどなど、お店特有のサービスがありますよね。

それを明確にしておくことで、お店の価値が決まるのです。

これは、売却代金としてシビアに数字として現れますので、

自分のお店おセールスポイントをしっかり育てておく必要があります。

 

そのためには、どのような相手に承継するべきか

これも自分の大切なお店を譲渡するためには、外せないポイントではないでしょうか。

次にあげる二つのことは最低でも買い手側に理解してもらう必要があります。

  • 自分の店(売り手側)の長所を正確に理解してくれているか
  • 大事なスタッフ(売り手側)の特徴などを理解して、大切にしてくれるか

これらは美容室を経営していく上で外せないことです。

店の「売り」に関して理解し魅力を感じてもらわなければなりませんし、

その店で働く「スタッフ」は大きな店の資産です。

お店に訪れるリピーターは、このスタッフについているお客です。

上記の2点を理解してくれる買い手は、お客さんのことも理解してくれるのです。

この大切なことを最低限理解してくれている買い手を選ぶことが必要です。

 

しかし、このポイントを抑えているオーナーってどのような人かというと、それは簡単に見分けられます。

要するに、ご自分の店や会社をどれだけ大切にしている方かということです。

その方の既存の店、会社へ訪問してみるとわかってくるのではないでしょうか。

 

オーナーがひとりで抱え込まない

今までご紹介してきたように、第三者へ事業承継することで、オーナーも、スタッフもお客様も幸せになれます。

貴重な技術を身に着けたオーナーとスタッフの技術は、今後の美容業界にとっても大きな資産です。

これらを第三者へ事業承継によって残すために、民間でM&Aの仲介を行う事業所は増えてきています。

オーナー様が一人で悩む時代は終わって、新しい相談相手として、M&Aエージェントがあなたのこれからの経営を強力にサポートしてくれます。

M&Aによる事業承継、つまり第三者へ事業を承継することは、かかわる人がすべてハッピーになれる方法なのです。

もう、廃業して、店をたたむしかないと一人で思い悩む前に、M&Aでの事業承継について考えて欲しいのです。

 

まとめ

M&Aによる事業承継についてお話してきましたが、いかがでしたか?

このお話でのポイントをまとめますと、

  • 後継者がいない=廃業ではありません
  • 初期費用を抑えて、事業拡張が図れます
  • お店を譲渡しても、グループ店などで仕事を続けることもできます
  • 自分の店を大切にしているオーナーが買い手になると良い取引ができます
  • M&Aによる事業承継は、売り手側、買い手側がウィンウィンの関係になれます
  • オーナー、従業員、お客様のすべてがハッピーになれます
  • もう、廃業しかないと一人で悩む必要はありません

 

廃業しかないかなと思い悩んでいるオーナーさんにとって、この記事がお力になれれば幸いです。

美容室・ヘアサロンの事業承継でお困りではないですか?
美容師になるには、若いころから専門学校に通って、そして長い期間、修業(見習い)をする必要があります。
一人前の美容師になるのに苦労した方は多いのではないでしょうか。
また、技術を持てばすぐに店を持てるわけでもなく、長い下積みを経てご自分の店を持ったオーナー美容師さんもいらっしゃるでしょう。
そうやって苦労して独立、そして長年にわたり経営してきた店・・・・・・。
子供に継いでもらえるのは当たり前のことと思っていたけど、実際に子供が成人してくると、子供に同じ苦労をさせたくない・・・・・・。
という親心も出てきて、悩んでいる経営者もいらっしゃいますよね。
最近の美容室経営者のお子さんは、全く違う道に進む方がとても多いです。
大切な店を次世代に渡したいけど、どうすればいいのか?
そのお悩みに応えるべく、美容室、ヘアサロンの事業承継についてお話していきます。
Writer
太田 諭哉(おおた つぐや)
1975年、埼玉県生まれ。1998年に早稲田大学理工学部を卒業し、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)に入行。2001年に公認会計士2次試験に合格し、監査法人トーマツに入社。おもに株式公開支援、証券取引法監査、商法監査の経験を経て、2003年に有限会社スパイラル・エデュケーション(現・株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)を設立し代表取締役社長に就任。
「未来を創造し続ける会計事務所」のリーダーとしてベンチャー企業・成長企業の支援を積極的に行っている。
2018年12月2日
美容室・ヘアサロンの事業売却のポイントとは?
2018年12月2日
美容室・ヘアサロンのM&Aを実施する前に考えておきたいこと
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容