2018年12月2日 日曜日

美容室・ヘアサロンの事業売却のポイントとは?

Written by 太田 諭哉(おおた つぐや)

このまま美容室経営を続けていくのは難しいから、お店を閉めようかと考えているけれど・・・・・・。

  • まだ、金融機関からの借り入れが残っている
  • 店舗の賃貸契約、美容機材のリース期間などがまだ終わっていないから契約解除にもお金がかかる
  • 従業員の今後のことが心配
  • 長年、お店に通ってくれているお客様にも迷惑がかかるのでは?と心配

などなど、あらゆる心配で頭の中がいっぱいになっている経営者もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

このような悩みを解決するために、事業売却という方法があります。

事業売却とは、自社で運営している事業を切り離して売却することです。

この手法だと、オーナーは経営を続けるプレッシャーから解放されて、事業価値によっては、売却代金も受け取れます。

最近話題の「事業売却」についてご説明していきます。

今回は、美容室、ヘアサロンオーナーに向けての「事業売却」を成功させるポイントをご紹介します。

 

 美容室・ヘアサロンの事業売却で次のステージへ

経営がこの先難しくなっていくお店を売却して、新しい事業へチェンジすることもできます。

美容室経営をしてきたけれど、ライバル店が多く、また大手のチェーン店などが近隣に出店してきたなど、客足が遠のくことがあります。

そんな時に、いったんお店を売却して、今までの接客経験、技術を生かして、ヘアエステ専門店やヘッドスパ専門店を開業するなど新しいステージにステップアップする経営者も少なくありません。

また元は美容師として活躍してからオーナーになったものの、経営が向いていなかったっという方もいます。

そのような方は資金を豊富に持った会社に事業売却し、自身は美容師に戻るという選択肢もあります。

 

 美容室・ヘアサロンを事業売却する目的にはこんなものがあります

大手企業の傘下に入り経営の安定化を狙う

大手チェーン美容室にはないサービスを提供して、お客様との距離を縮めたいと美容室を始めた方も多いと思います。

しかし、近隣にチェーン展開している大型美容室が出てくると、お客がとられてしまうことありませんか。

それはなぜかというと、同じ施術コースを提供しても、値段の安さで負けてしまうのです。

個人店を経営している方ならよくご理解いただけると思いますが、やはり材料にしても大手だと一括で大量で仕入れますので、安く仕入れることができます。

1つの美容メニューにかかる材料費が安くできるので、メニュー自体を安く提供できわけです。

トリートメントメニューだと、同じ仕上がりで安くできればどうしても、大手に客足が集まってしまいます。

また、個人店だとスタイリストの在籍数も少なくなりますから、どうしても予約できる客数も限られてしまって、予約が取れず他店に流れてしまいます。

長年通ってくれる大切なお得意様を大手チェーン店にとられてしまう可能性もあります。

 

自分の店を大手企業の傘下にいれることで、今まで使えなかった薬剤や、機材を使うことも可能ですし、お客様にもっと高度なサービスを、安価で提供することもできます。

買い手側の大手企業も、あなたのキャリア、技術力を手に入れることができて、あなた目当てに通うお客も手に入れられます。

大手企業の傘下に入ることで、売る側、買い手側、お客様もすべてにとってメリットがあるのです。

 

潤沢な資本を持つ企業の力で事業を拡大する

エステ部門を新しく立ち上げたいけれど、資金調達、エステシャンを採用するのも難しいと悩んでいる美容室経営者も多いと思います。

資本力のある企業と事業を提携することで、エステ部門を新しく設立することができます。

エステ部門を取り入れることで、まったく新しい店を出店することも可能です。

エステを受けた後は、ヘアスタイルがとにかく乱れます。

出来ればメイクも仕上げて欲しいものです。

そうすれば、そのままパーティーなどにも出かけられます。

アメリカでは、ブローだけをする「ブロースタジオ」というのもあります。

結構、この「ブロースタジオ」は繁盛していて、多数出店しています。

おでかけや気分転換に、安価でヘアブローができるので女性たちは重宝しているのです。

長く時間のかかるメニューを廃止して、ブローとメイクのみを提供してみてもいいですよね。

エステ部門を資本力のある企業と出店して、その同じ場所に「ブロースタジオ」として新しい店を作ってみることもできます。

新しいエステ店を、個人で出店するのはとても大変ですが、エステ店を経営している本部や、美容商品を販売している大手メーカーなどと、タッグを組める企業はたくさんあるのではないでしょうか。

 

エステにヘッドスパなどを組み合わせて、美容師としての知識を組み入れることもできます。

ヘアメニュー自体は簡素化できるし、自分の知識をプロデューサー的な立場でアドバイスしていきます。

こうすることで、体力的にも時間的にも節約できますから、高齢になってもお店経営を続けられます。

施術に時間がかかるパーマや、ヘアカラーをやっていくには、やはり年齢的な体力の限界が来てしまいます。

そして、常に新しい薬剤を購入したり、美容機材も入れ替える必要があります。

突然と体力と経費に限界が来て、お店をたたむということにもなりかねません。

しかし、事業を売却して、新しい経営方法にチェンジすることで、長期的なビジネスが展開できるのです。

 

売却によって現金を得て現役を引退する

事業を売却する上で、一番のメリットと言えるのが、この売却により利益があることです。

それも現金で売却代金が入ってきます。

体力のある現役のうちにセミリタイアすることも可能です。

今まで自分が育ててきた「店」の事業を、なるべく高く買って貰うように、日ごろからお客様が来てくれる店にする必要があります。

店を運営する上で、これからの美容室経営は、「人気のある店=高く売却できる店」にしていかなければならないのです。

 

通常、美容室を経営すると、親族に引き継いでもらうか、店を開店したときに協力してもらったディーラーさんや銀行へ、売却などの相談することが多かったのですが、最近の少子化問題、親の家業を継ぐことを敬遠してしまう風潮などがあり後継者不足に悩む経営者も多くなってきました。

また、開業時にお世話になったディーラーさん、金融機関に相談しにくいこともありますよね。

美容室、ヘアサロンなどの事業売却に関して経験のあるM&Aエージェントなら、匿名で買い手を探してくれますから、プライバシーが守られます。

そろそろ、引退して自分の時間が欲しいなと思ったときに、気軽に相談することもできます。

大切な美容室・ヘアサロンを適正価格で買い取ってもらえるように、一度相談してみてはいかがでしょうか?

 

 美容室・ヘアサロンの事業売却を行う上での注意点

自分の店の事業を売却してみようかと思って、M&Aエージェントに相談するときに、事前準備しておくことが不可欠です。

その注意点をご説明しておきます。

高く売れるかどうか、この事前準備の有り無しで変わってきます。

 

目的のはっきりしない売却は後悔しやすい

【なぜ売却するのか?再確認が必要】

この売却目的は、何度も確認したいほうが良いです。

売却目的として、

  • 体力的、または持病があって、近い将来店を続ける体力が心配で売却するのか
  • 新しい事業を始める資金調達のために、既存の店を売却するのか
  • 後継する者がいないから、営業して売り上げがある間に売却して現金を受け取りたい

などなど、人それぞれ様々な目的があると思います。

それを具体的に整理してはっきりしておく必要があります。

 

そして、目的がはっきりしてくると、もっと深堀して

  • 事業自体は売却するけど、自分は店に残るのか?やめてしまうのか
  • 事業売却することを従業員にちゃんと説明できていて、理解を得ているか

などを再確認しておく必要もでてきます。

 

事業価値が高くても相手に伝わらなければ意味がない

売却目的がはっきりしてきたら、「事業価値」をはっきりさせなければなりません。

そして、買い手側に伝わるようにしておく必要があります。

この事業価値が高ければ高いほど、売却した後に現金が手元に残ります。

事業価値の判断基準として、

  1. どれだけリピーター客がいるかどうか
  2. 技術力、経験値が高いスタッフがどれだけいるか
  3. 施術メニューを最新にできるよう定期的に見直ししているか

などがあります。

 

1と2は、顧客リスト、スタッフリストなどにしてデータ化しておく必要があります。

3に関しては、講習会に参加したテキスト、講習内容を参加したスタッフだけでなく、お店全体で共有する必要があります。

メニュー表など、お店のホームページなどで公開している場合は、定期的に更新して、新しいメニューを始めたことを積極的に知らせる必要があります。

ブログなどを併設しているホームページなら、新しいメニューの講習会に参加した時点で紹介して、新しくメニューに加えたときもまた更新するようにして、常に発信してください。

 

【資産価値を高めるうえでの注意点】

この資産価値を常に高めることはとても重要です。

しかし、スタッフリスト、顧客リストというデータは、いわばお店の財産です。

わかりやすくデータ化すると「持ち出しやすく」なるのです。

売却のときなど、この店の価値が外部に流出してしまうと、顧客を取られたり、優秀なスタッフを引き抜かれたり、お店を売却する前に、大切な資産が外部流出して、店の価値が下がってしまいます。

取扱いには十分な配慮が必要です。

 

タイミング次第で売却額が変わる可能性がある

【高く売れるタイミングをつかもう】

事業を高く売るために考えられるのは、さきほどの「事業価値」と重複するところもありますが、やっぱり最新メニューを常に取り入れているお店である必要があります。

この地域で、このメニューが受けられるのは、このお店だけというのは、お客様が注目するポイントです。

しかし、美容メニューの流行というのは、とても速足です。

先月まであれだけ人気だったのに、もう下火になってきたということは多いのではないでしょうか

常に、アンテナを張って新しいメニューを追究しないといけませんよね。

お客様の要望に常に向き合う必要があります。

新しいメニューを取り入れて、お客様からの評判が良い時期に売却すると、売却金額は当然変わってきます。

少し高い金額を出しても買う価値があるからです。

 

このことから言えるのは、「お店の売り上げが良く、客足が多い時期は高く売れるタイミング」ということです。

当たり前のことですが、このこと意外に気づいていないオーナーが多いのです。

売上が十分にあると、まだまだやれると思ってしまうからですね。

しかし将来のことを考えるのは、このうまく行っている時期の方がよいのです。

未来のことは誰にも分かりません。

だからこそうまく行っているときに将来のために準備をしてくおくべきです。

 

また外的要因も大切です。

世間が不景気の時は、やはり売却は難しくなってきます。

比較的好景気のときに、売却する必要があります。

 

まとめ

美容室、ヘアサロンの事業売却についてご説明してきました。

この事業売却にとって大切なのは、最新メニューを取り入れることもですが、一番大切なのは店で働くスタッフです。

このスタッフは、大切な事業価値なのです。

店を売却しようかなと考えだしたら、すぐにスタッフとのコミュニケーションを今まで以上に緊密にする必要があります。

一番信用がおけるリーダー格のスタッフには、経営のことについても少しずつ引き継ぐ必要もあります。

お店の中でも、新メニューの講習会を行ったり、スタッフ一人一人の意見を聞いたりとスタッフの気持ちに寄り添う必要もあります。

 

そして、この大切なスタッフを、引きつづき大切にしてくれる売却先を探すこともとても重要です。

美容師というのは、技術力、サービス力を備えた高度な理解力が必要な職業です。

このような人材を、最大限に活かせる経営者の元で働けるように配慮してあげて欲しいのです。

美容室・ヘアサロンの事業売却のポイントとは?
このまま美容室経営を続けていくのは難しいから、お店を閉めようかと考えているけれど・・・・・・。
まだ、金融機関からの借り入れが残っている
店舗の賃貸契約、美容機材のリース期間などがまだ終わっていないから契約解除にもお金がかかる
従業員の今後のことが心配
長年、お店に通ってくれているお客様にも迷惑がかかるのでは?と心配
などなど、あらゆる心配で頭の中がいっぱいになっている経営者もいらっしゃるのではないでしょうか。
このような悩みを解決するために、事業売却という方法があります。
事業売却とは、自社で運営している事業を切り離して売却することです。
この手法だと、オーナーは経営を続けるプレッシャーから解放されて、事業価値によっては、売却代金も受け取れます。
最近話題の「事業売却」についてご説明していきます。
今回は、美容室、ヘアサロンオーナーに向けての「事業売却」を成功させるポイントをご紹介します。
Writer
太田 諭哉(おおた つぐや)
1975年、埼玉県生まれ。1998年に早稲田大学理工学部を卒業し、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)に入行。2001年に公認会計士2次試験に合格し、監査法人トーマツに入社。おもに株式公開支援、証券取引法監査、商法監査の経験を経て、2003年に有限会社スパイラル・エデュケーション(現・株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)を設立し代表取締役社長に就任。
「未来を創造し続ける会計事務所」のリーダーとしてベンチャー企業・成長企業の支援を積極的に行っている。
2018年12月2日
事業売却の事例から読み解く潮流《美容室・ヘアサロン》
2018年12月2日
美容室・ヘアサロンの事業承継でお困りではないですか?
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容