2018年3月15日 木曜日

外食産業の経営者さんの事業計画

Written by 太田 諭哉(おおた つぐや)

具体的な未来像を設定した上、一緒に目標へのルートを設計

「店舗の拡大期には利益が多少落ちても仕方ない」「3店舗目の出店は難しい」など、飲食業界にはいくつかのセオリーが教訓として存在します。これらはある面で正しいのですが、その要因が、人件費なのか原材料費なのか、また、意図した結果なのかを理解していなければ、感覚頼りに「ギャンブル」しているのと変わりがありません。

まずは経営者さんが、自身の夢へ向かう明確なルートを設計することが必要です。今、どの段階にいて、何をすべきかを信頼できるパートナーと共有することで、経営者さんは「今やるべき仕事」に集中できます。小宮さんとは目標達成のため、公私を分かたず深くお付き合いさせていただき、現在も、新しい「夢」のお手伝いをさせていただいています。私たちは会社を成長させる事業パートナーであるのはもちろん、会社運営で時に孤独を感じる経営者さんのよき相談相手であり続けたいと思っています。

潤沢な経営者利益の確保により「新しい夢」が自由に描けます!!

上図は創業から目標(=出口戦略)に向かうまでの成長ステージと、それぞれの収益をイメージしたグラフです。通常の収益(黄色のグラフ)とIPOやM&Aといった高い目標を目指す場合の収益(青のグラフ)の差を埋めるためには、専門家のサポートが必要になります。経営者は高い目標をクリアし、創業者利益を確保することで、「新しい夢」を自由に描くことができるようになります。

成長に応じて高まる銀行やステークホルダーとの折衝といった経営以外のストレス(赤の曲線)を軽減するためにも、早い段階から専門家に相談することをお勧めします。

外食産業経営者の新しいビジネスモデル
 「つけめん」というジャンルを世に広めた立役者である『つけめんTETSU』の創業者・小宮一晢さん。人気店でさえ、日々、生き残りをかけてしのぎを削るシビアな業界にありながら、右肩上がりの出店を続け、一部上場企業との資本業務提携によってスケールアップするという、外食産業経営者に新しい道を拓いた彼のサクセスストーリーを振り返る。
Writer
太田 諭哉(おおた つぐや)
1975年、埼玉県生まれ。1998年に早稲田大学理工学部を卒業し、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)に入行。2001年に公認会計士2次試験に合格し、監査法人トーマツに入社。おもに株式公開支援、証券取引法監査、商法監査の経験を経て、2003年に有限会社スパイラル・エデュケーション(現・株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)を設立し代表取締役社長に就任。
「未来を創造し続ける会計事務所」のリーダーとしてベンチャー企業・成長企業の支援を積極的に行っている。
先輩後輩
2018年3月15日
右腕は育てるものか招聘するものか(4)
2018年3月15日
ラーメン界の風雲児が切り拓いた新しいビジネスモデル
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容