2018年2月20日 火曜日

右腕は育てるものか招聘するものか(1)

Written by 太田 諭哉

経営者の悩み

経営する教室のマネジメントとともに、会社全体の経営にも従事

Bさんはビジネスパーソン向けの英会話スクール事業を展開する会社の社長です。Bさんがかつて会社勤めをしていた時代、社費でMBA留学するにあたり、さまざまな教材やスクールで英語を学んだそうです。その経験から、ビジネスパーソンが短期間に英会話を身につけるための独自のプログラムを開発。オフィス街に教室を開くとともに、企業へ講師を派遣して英語研修を実施する2通りの方式で業績を伸ばしています。

創業6年目に入り、4つの教室をもち、継続的に英語研修を発注してくれる企業は6社になりました。Bさんは第1号の教室の室長を兼任。教室のマネジメントにあたるとともに、会社全体の経営にも携わっています。さらに、自ら法人向け研修の営業活動に従事しつつ、講師として教壇に立つこともあります。Bさんの超人的な働きによって、会社の成長が支えられている状態です。

創立メンバーで分業&専門化する、同業である後輩の経営

そんなハードワークをこなすBさんですが、「あいつのところはうらやましいな…」とこぼすことがあります。「あいつ」とは、Bさんの大学時代の後輩で、中高生向けの学習塾を運営する企業の社長、Cさんです。同じ教育業界の新興企業どうしとはいえ、Bさんの会社のほうが社歴は長く、売上高でも従業員数でも上回っています。とくに嫉妬するようなところはないように思えるのですが…。じつは、Bさんがうらやましがっているのは、Cさんの会社の経営陣の構成なのです。

ワンマン経営のBさんの会社と異なり、Cさんの会社はチーム経営。もともとCさんを含めた3人が共同で立ち上げた会社なのです。Cさんは、志望校合格を導く独自のカリキュラムの開発と、そのカリキュラムを生徒に教える講師たちの研修による育成の仕事に特化。ほかの2人が、教室の運営や生徒の学習状況と出欠の管理、保護者対応などの日常的なオペレーション業務と、生徒募集や新規教室を出す計画の立案・推進といった売上増加に直結する業務を引き受けてくれています。
そんな後輩をうらやましく思うと同時に、Bさんは「自分の右腕をつくりたい」と考えるにいたったそうです。

prev | next  [2][3][4]

右腕は育てるものか招聘するものか
 社長は孤独な存在。創業から業績が上がるのに伴って、経営の重責を分かち合ってくれ、よき相談相手にもなってくれる右腕がいてくれたら──。そう願っておられる経営者の方は多いことでしょう。しかし、経営者が思い描いている「優秀な右腕」を確保できる例は、会社の規模に関わらず、非常に少ないのが実情です。成功している会社ではどうでしょうか。社内で人材を育成しているのか、または外部から招聘しているのか、それとも独自の解決法を見出したのか。経営者であれば誰もが持つ、自らの会社をも託せる「右腕」につての悩みを実例を参考に考えてみましょう。
Writer
太田 諭哉
1975年、埼玉県生まれ。1998年に早稲田大学理工学部を卒業し、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)に入行。2001年に公認会計士2次試験に合格し、監査法人トーマツに入社。おもに株式公開支援、証券取引法監査、商法監査の経験を経て、2003年に有限会社スパイラル・エデュケーション(現・株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)を設立し代表取締役社長に就任。
「未来を創造し続ける会計事務所」のリーダーとしてベンチャー企業・成長企業の支援を積極的に行っている。
タイ旅行
2018年2月20日
「本当の社長の仕事」を知りたい(4)
2018年2月20日
右腕は育てるものか招聘するものか(2)
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容