2019年11月26日 火曜日

【株式譲渡】明確な目標を定めて設計したM&A戦略

Written by 太田 諭哉

成約事例:株式会社YUNARI

 株式会社YUNARIの小宮一哲社長(当時)は、2005年に『つけめんTETSU』を創業され、3号店を出店されたタイミングで相談にいらっしゃいました。その際「会社を大きくしたいので、40歳までにIPOやM&Aに耐えられる会社づくりを支援してほしい」とかなり明確なご依頼をいただいたことを覚えています。

 小宮社長は当時32歳。IPOの希望を叶えるためには、遅くとも37歳までに上場準備を完了していなければ間に合いません…。我々は、小宮社長のアツい想いに応えるべく、ご依頼から5年間、IPOに向けた組織づくりに注力してサポートしました。

 紆余曲折を経験しながらも、組織の強化は進みましたが「40歳までに」という明確な期限と計画の進捗を熟考した結果、計画の途中でIPOを断念し、M&A戦略に転換しました。断念、と書くとネガティブな選択をしたように伝わってしまうかもしれませんが、そうではありません。

 実は、小宮社長からはIPOの希望と同時に「15億円なら売却してもよい」という明確な譲渡希望額をお聞きしていました。会社の譲渡価格は償却前利益の5倍が相場となりますから、40歳という設定期限に間に合うよう、3億円の利益を確保できる事業体制を構築していくM&A戦略を立案していったのです。その後、株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスさんとのM&Aが無事成約し、小宮社長は希望通りの条件で株式を譲渡することができました。

 自身のエグジットについて、具体的な目標や期限、金額を明確に設定できていることは、とても重要なことなのです。

DATA

運営会社 株式会社YUNARI
主要業態 『 つけめんTETSU 』
M&Aの目的 事業拡大
M&A手法 株式譲渡
譲渡先 株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングス
譲渡希望価格 15億円
譲渡金額 15億円(譲渡希望価額達成)

 

コンサルタントの目
3店舗目からお手伝いさせて頂きましたが、既に人気のお店でしたので、オーナー様がお店の業務に専念出来るよう、弊社で財務管理を中心に組織の強化を行いました。
結果、創業8年で年商20億円に成長。会社の全株式を東証一部上場企業に希望価格の15億円でイグジットすることに成功しました。

現在、オーナー様の新事業・新会社による次なる野望も「SCALE」サービスで支援中です。
「M&Aは一度だけではく、何度でもチャレンジ出来る」
それを、示す日もそう遠くないと考えています。
Writer
太田 諭哉
1975年埼玉県生まれ。1998年に早稲田大学理工学部を卒業し、安田信託銀行株式会社(現・みずほ信託銀行株式会社)に入行。2001年に公認会計士2次試験に合格し、監査法人トーマツに入社。主に株式公開支援、証券取引法監査、商法監査の経験を経て、2003年に有限会社スパイラル・エデュケーション(現・株式会社スパイラル・アンド・カンパニー)を設立し代表取締役社長に就任。店舗や会社を成長させ、好条件で大手企業と提携するSCALE型M&Aを提唱し、飲食店を中心にM&Aによる成長支援を行う株式会社スパイラルコンサルティングを設立
2019年11月26日
ストーリーで読む 投資ファンドと事業会社の違い
成約事例:Agu.
2019年11月26日
【株式譲渡】事前の事業理解x正確なバリュエーションでスムーズに成約
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

氏名

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

会社名

お問い合わせ内容