2017年1月24日 火曜日

人気ラーメン店の全株式を譲渡。世界を目指すためのM&Aという選択 (3)

Written by 小宮一哲 株式会社YUNARI

小宮一哲社長

第3回 世界を目指すための、M&Aという選択肢

得意なものは何か、極められるものは何か――そしてたどり着いたのがラーメンである。

2005年、27歳のときに千駄木で『つけめんTETSU』一号店をオープン。焼き石を付ける独自手法で人気となり、味の良さと相まって、人気ラーメン店へと急成長を遂げ、2013年には年商20億円もの数字を叩き出す。この成功譚、小宮さんのビジネス哲学は『1年間“がむしゃら”に働くだけで、人生は180度変わる』(発行/クロスメディア・パブリッシング、発売/インプレスコミュニケーションズ)に詳しいので、ぜひそちらをご一読いただきたい。

さて、2014年、小宮さんは大きな決断を下す。それはつけめんTETSUの経営母体である株式会社YUNARIの全株式を譲渡。東証一部上場企業の株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスと資本提携を結ぶというものである。

「創業以来、一生懸命頑張ってきて、お蔭さまで20億円の価値があるラーメン店に育てることができました。でも目指しているのは日本一、世界一のラーメン屋です。ただこうなれば50億、100億のビジネス規模になります。達成するには自分たちの力だけでは限界があるとも感じていて、さてどうしようかと考えていたときにM&Aの話をいただいた。クリエイト・レストランツ・ホールディングスという大きなグループに参加することで、そのグループが持つ力を借りて一等賞を目指すことにしたのです」

クリエイト・レストランツ・ホールディングスは世界に16の関連会社を持ち、2016年2月期の連結売上は約1032億である。

「実は上場とかM&Aとか、あまりよく分かっていなかったんです。僕にとって目指す組織づくりができるのなら、どちらでもよかった。ただ上場とM&Aともに“公人としてのお金の使い方”がきれいでないと、実現しないことをスパイラルの太田諭哉さんに教えてもらったんです」

つけめんTESTUが3店舗目をオープンしたころで、そろそろきちんとした財務管理が必要だったことから、付き合いが始まったそうだ。

「うるさくてね、カチンとくることもありましたよ(笑) でも上場するにしろ、M&Aにしろ、どちらも可能な帳簿をつくることができたし、長時間労働になりがちな従業員の就労体制も法に則り調えることができました。いまは事業展開がスムーズに進んだことに感謝しています」

prev | next  [1][2][3][4]

人気ラーメン店の全株式を譲渡
日本にある3万5000店以上のラーメン店の多くは個人店舗。いい意味でも悪い意味でもそのすべての決定権は経営者個人にあり、従業員を抱えた中、個人の想いだけでに事業の方向性を転換する選択肢は難しい。
千駄木で『つけめんTETSU』一号店をオープンし、8年で年商20億円の人気店につくりあげた小宮氏は、2014年、経営母体である株式会社YUNARIの全株式を譲渡。東証一部上場企業の株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスと資本提携を結んだ。
従業員の将来を心配することなく、誰かに任せられる選択。多くのラーメン店経営者に、新しい道を示した小宮氏の経営ビジョンと波乱の人生、らーめんへの想いを4回にわたってお届けする。
Writer
小宮一哲 株式会社YUNARI
1976年東京都生まれ。株式会社YUNARI代表取締役。高校をわずか3日で中退後、就職。ワーキングホリデーを経て大検を取得し、大学に進学。卒業後は株式会社ファーストリテイリングに入社、さらにセコム株式会社を経て、27歳で「つけめんTETSU」を創業。つけめんに”焼き石”を付けることで話題をつくり行列店となる。現在、24店舗を経営。「ラーメン of the year TOKYO1週間」最優秀賞など多数受賞。そして2014年、株式会社YUNARIの全株式を譲渡。世界一のラーメン屋を目指し、新たな事業展開を行なっている。
2017年1月24日
人気ラーメン店の全株式を譲渡。世界を目指すためのM&Aという選択 (2)
小宮一哲社長
2017年1月24日
人気ラーメン店の全株式を譲渡。世界を目指すためのM&Aという選択(4)
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

お問い合わせ内容