2017年1月10日 火曜日

人気ラーメン店の全株式を譲渡。世界を目指すためのM&Aという選択(1)

Written by 小宮一哲 株式会社YUNARI

小宮一哲社長

第1回オーストラリアへの前向きな逃避行

「ずっと、いい子をやっていくのに疲れちゃったんですよね」

そう笑いながら話すのは小宮一哲さんだ。『ラーメン of the year TOKYO1週間』最優秀賞をはじめ、数々の賞を受賞した『つけめんTETSU』創業者である。

子どものころの話を聞いていると、高校を3日で中退していると言う。「わが家は普通のサラリーマン家庭。一流中学を目指して、小学校のころは遊んでいるほかの子たちを横目で見ながら、それこそ勉強一筋で頑張る素直な子どもだったと想います。

でも中学受験に失敗。そのまま近所の公立校へ進むのですが、勉強疲れしてたんでしょう、だんだんやさぐれていったんです」

元来のガキ大将気質が頭をもたげ、気に入らなければ先生も親もお構いなし。好き勝手に振る舞いながらも、中学受験で体得した勉強方法の貯金が生きて、つねに成績はトップクラスだったという。本人曰く、学校で誰よりも目立つ存在だったという。

「でも、高校受験も失敗。滑り止めで入った高校も3日で自主退学。それからはもうご想像のとおり(笑)」

高校を辞めた15歳ができる仕事といえば、土木関係の仕事しかない。朝5時に起きて、プレハブを建てる日々が始まった。しかし現場は昼過ぎには終わってしまい、稼いだ小銭はパチンコに費やした。夜周りに集まるのは同じような境遇を持つ者ばかりだった。

「同じ境遇だから安心してしまうんですよね、こんな自堕落も良しだと」

将来を考えることから目を背けて、3年が過ぎたころ、中学の同級生は進学だ、就職だと次の人生を語る年齢になっていた。

「正直に言えば、中学校のころは彼らのことを完全に下に見ていました。相手にもしてなかったのに、社会的な立場は上です。猛烈な焦りを感じましたね」

しかし焦る一方で、中退者に囲まれたぬるい環境が自立を阻んでもいた。人間関係が自分を弱くしていると思った小宮青年は、こう思った。「海外に行ってしまえば、彼らとの関係も断てる!」と。気分は前向きだが事実は逃避である。

とはいえこれまでの自分との訣別するため、向かったのがオーストラリアだった。

next  [2][3][4]

人気ラーメン店の全株式を譲渡
日本にある3万5000店以上のラーメン店の多くは個人店舗。いい意味でも悪い意味でもそのすべての決定権は経営者個人にあり、従業員を抱えた中、個人の想いだけでに事業の方向性を転換する選択肢は難しい。
千駄木で『つけめんTETSU』一号店をオープンし、8年で年商20億円の人気店につくりあげた小宮氏は、2014年、経営母体である株式会社YUNARIの全株式を譲渡。東証一部上場企業の株式会社クリエイト・レストランツ・ホールディングスと資本提携を結んだ。
従業員の将来を心配することなく、誰かに任せられる選択。多くのラーメン店経営者に、新しい道を示した小宮氏の経営ビジョンと波乱の人生、らーめんへの想いを4回にわたってお届けする。
Writer
小宮一哲 株式会社YUNARI
1976年東京都生まれ。株式会社YUNARI代表取締役。高校をわずか3日で中退後、就職。ワーキングホリデーを経て大検を取得し、大学に進学。卒業後は株式会社ファーストリテイリングに入社、さらにセコム株式会社を経て、27歳で「つけめんTETSU」を創業。つけめんに”焼き石”を付けることで話題をつくり行列店となる。現在、24店舗を経営。「ラーメン of the year TOKYO1週間」最優秀賞など多数受賞。そして2014年、株式会社YUNARIの全株式を譲渡。世界一のラーメン屋を目指し、新たな事業展開を行なっている。
2017年1月10日
人気ラーメン店の全株式を譲渡。世界を目指すためのM&Aという選択 (2)
WEBからお問い合わせ
当社はお客様の事を最優先で考える成果報酬型エージェントです。
匿名をご希望されるお客様には、会社情報など一切公開せずにお問い合わせ頂く事が可能です。

お問い合わせ内容

電話番号

メールアドレス

メールアドレス(確認)

業種

お問い合わせ内容